Vrmsって何?

オシロスコープやマルチメーターなど計測器の筐体にVrmsって書かれているのを見たことありますか?

Vと付くので電圧値っぽいですけど、一体何を表しているのでしょうか?

式の導出方法やその意味は省いて電圧の表し方をまとめてみました。

Vrmsは実効値

rmsはRoot Mean Squareの略で意味は実効値です。Vrmsとなればもちろん電圧の実効値のことを指します。コンセントの電圧もこの表し方です。

sin波なら最大値に0.707を掛け算した値です。

Vrms = Vpk × 0.707

他の表し方も見ていきましょう。

Vpkは最大値

pkはPeaKの略で意味は最大値です。Vpと表記される場合もあります。Vmaxとも書かれることもあるそうです。

Vpk-pkはピークピーク値

pk-pkはPeaK to PeaKの略で意味はピークピーク値です。Vppと表記される方が多いみたいです。

最大値と最小値の差の電圧のことでsin波なら最大値に2を掛け算した値です。

Vpk-pk = Vpk × 2

Vavgは平均値

avgはAVeraGeの略で意味は平均値です。

sin波なら最大値に0.637を掛け算した値です。

Vavg =Vpk × 0.637

1 COMMENT

mokkori77

DMMなどマルチメータは基本Vrms、オシロスコープは波形を表示するのだからVpeakやVp-pが測定できます。Measure機能を使えばVrmsも測れます。
また、Vp-pとAmplitudeの違いは気を付けないといけないですね。Amplitudeは正弦波の波の中心に対し、Vp-pは幅を持つ正弦波の正味のpeakを測ってしまうので若干の差があります。もし細かく発振してしまうようでしたらその太い正弦波の波のピークを測ってしまうことでしょう。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)