直流安定化両電源PDM35−3の紹介

電圧の高い両電源がほしい時に使っている直流安定化電源PDM35-3(菊水電子工業)を紹介します。

外観

とても大きく重い電源です。見た目通り出力も大きいです。

謎のシールNo.1が貼られていました。前の持ち主が貼ったものでしょうか?

中古で購入した時は電源コードが傷ついていたので一度ケーブルを交換しています。

高出力な両電源

±35V、3Aまで出力できます。また±均等に設定するだけでなく、プラス側は10Vマイナス側は13Vのように偏りを持たせて出力させることが出来ます。

過負荷状態ランプやOUTPUTスイッチが付いているのも地味に嬉しいポイントです。

電圧電流メーターはトグルスイッチで+側と-側の表示を切り替えることが出来ます。

中身

カバーを取り外してみました。

上からの写真
2本のヒューズ
メーターの上。コードと調整用の可変抵抗が目立ちます。
パワートランジスタと放熱板です。
放熱板の裏。
重さの原因であろう大きな電源トランス。隣には大きなコンデンサがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です